記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

丸善京都本店の開店一周年記念イベント

来る8月15日(月)の終戦記念日に、丸善京都本店にて、またイベントを開催することとなりました!今回のイベントは、丸善京都本店の開店一周年記念イベントとして企画されたもので、「仏教はなぜ戦争に協力したのか?―終戦の日に考えてみる―」と題して、大谷栄一先生・近藤俊太郎先生・碧海寿広先生にお話いただきます。お盆の真っ只中で、みなさまお忙しい時期かとは存じますが、終戦の日にかなり刺激的なイベントになること間違...

続きを読む

近代仏教関係選書リスト3

近藤俊太郎先生が選んだ本「近代仏教は戦争に協力したのか?」17.近藤俊太郎『天皇制国家と「精神主義」――清沢満之とその門下』法藏館、2013年 近代仏教史では1、2を争う超有名人、清沢満之。キヨザワマンシ、と読む。清沢とその門下による「精神主義」運動の歴史について知ることは、近代仏教のイロハです。彼らは近代日本の戦争や社会問題にどう直面し、何を説いたのか?!まずはここから始めましょう。18.大澤広嗣『戦時下の...

続きを読む

近代仏教関係選書リスト2

碧海寿広先生が選んだ本「真宗は近代仏教のトップランナーなのか?」9.碧海寿広『近代仏教のなかの真宗――近角常観と求道者たち』法藏館、2014年 近代日本でもトップクラスで頭のいいエリート青年たちが、そのお説教を聞いて涙ながらに感動し、尊敬したカリスマ的な僧侶がいました。なにがそんなにすごかったのか。本書には、そのすごさの理由が多面的に書かれています。10.オリオン・クラウタウ『近代日本思想としての仏教史学』...

続きを読む

近代仏教関係選書リスト1

大谷栄一先生が選んだ本「仏教は近代とどのように出会ったのか?」1. 大谷栄一『近代仏教という視座――戦争・アジア・社会主義』ぺりかん社、2012年 なぜ、「近代」と「仏教」が結びつくのでしょうか?それは日本社会の近代化と深い関連があります。「ナショナリズム」「超国家主義」「戦争」「アジア」「社会主義」など、近代日本の問題群と仏教の関わりを分析した専門書です。2. 阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』ちくま新書...

続きを読む

『学校では教えてくれない近代史』 連続講座(全3回)開講

2016年05月12日ジュンク堂書店難波店にて講座開催。(参加無料)======================================================『近代仏教スタディーズ』刊行記念連続講座(全3回)『学校では教えてくれない近代史』 場所 : ジュンク堂書店難波店店内 特設会場 「仏教」という観点から、日本の近代史を捉え直すための連続講座。近代との出会いによって、仏教の何が変わり、何が変わらなかったのか?「近代化と伝統」の問題について...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。